読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーとルーティーンワーク

繰り返しばかりの毎日はつまらないけど、ルーティーンワークは人生を豊かにすると思います。

中でも、何かに集中する、意図的にゾーンに入れるようなルーティーンワークがあると、いろいろな場面で役に立ちます。

学生の時に行っていたルーティーンワーク

学生の頃は、18時に寝て24時に起きてテスト勉強し始め、6時から1時間仮眠を取る、というのがルーティーンワークでした。

割と集中できるようになってましたし、振り返るとけっこう自分に合ってるやりかただったと思います。働きはじめると、こんな生活はできませんでしたが。18時はまだ会社にいますしね。

とはいえ、今でも時間確保のために9時〜10時に寝て、5時に起きるのを習慣にしています。

最初に早起きし始めた時は、せっかく5時に起きたのに結局集中できずに1時間過ぎてるとかが、よくあるパターンでした。もったいないと思ったので、とりあえず眠気覚ましにコーヒー飲むようにしよう、という感じで徐々にコーヒーを飲むことで集中できるようになってきました。

コーヒーの効果

集中したいときや、眠気覚ましにコーヒーを飲む、というのはよく聞く話です。「コーヒー 集中力」で検索すると、集中できるやらできないやらの話がたくさん出ます。

科学的根拠については良くわりませんけど、自分の場合はコーヒーを飲むと集中できます。どちらかというと、カフェインの効果ではなく、コーヒーを飲むこと自体が、集中できるきっかけとして働いていると思います。プラシーボ効果みたいな感じですね。

 

自分の場合はコーヒーですが、コーヒーに限らず、集中力を高めるためのルーティーンワークは持っておくとけっこう使えるかもしれません。